無濾生原酒を酒精強化し22度以上となった清酒は、酒税法改正によりリキュールに分類されます。

酒精強化熟成酒 一覧

酒精強化長期熟成酒 誰そ彼

原料米 自社栽培山田錦60%
精米歩合 60%
アルコール度数 25.5%
品目 リキュール
飲み方 ロック・水割り・ハイボール

 


ウイスキー・焼酎を飲み飽きた方へ

黄昏、古くは「たそかれ」と読まれ、語源はその昔、夕暮れ時に暗くなると「誰そ彼(誰ですかあなたは)」と尋ねたことにあります。無濾生原酒のアルコールを強化し、長期熟成により黄昏色(琥珀色)となったこのお酒は、清酒でなくリキュールに分類され、「この酒は初めての味わいだが、なんて魅力的なのだろう」との感嘆そのままに『誰そ彼』と名づけました。まずはストレート・ロックで、ハイボール・水割りでもお楽しみ頂けます。ウイスキー・焼酎を飲み飽きた方にお奨めの、飲み手を選ぶ酒でもあります。

 

テイスティングノート

【タイプ】熟成タイプ
【外観】 透明感のある、黄色より少し黄金に近い色合い。 高額白ワインのように見える。
【 香り】 複雑性がある、力強い個性的な香り。 カステラ・磯の香り・ナッツ・バニラ・干しシイタケ
【味わい】 エージングによる、まろやかでふっくらとしたアルコールによる味わいが、口中に広がる。次第に、甘味・酸味・旨味の順に広がり、熟成した味わいの存在感を示す。重厚な後味と長い余韻。甘味と酸味のバランスが取れ、アルコールも高いのでまろやかな口当たりの古酒。アフターの苦味も心地よく味わいを引き締める。
【 美味しい飲み方】お酒をよく理解している方、個性的なお酒を探している方にお勧め。ウイスキー感覚のオン・ザ・ロックでも美味しいが、生(き)のままで飲める方はそのまま飲んで欲しい。冷たいとコンプレックス(複雑性)な香りが出にくいので、『15℃以上』で。鶏のカラアゲ・ホイコーロ・チンジャオロース・豚の角煮など、しょう油・ミソなどを使った色が黒茶色系中華料理との相性が良い。和食では、すき焼き・鯛のアラ煮・鰻のかば焼きのように、山椒を振りかけると美味しそうな料理。


希望小売税込価格

●内容量:720ml 1,540円[税抜:1,400円]

» 続きを読む