合鴨純米酒 開明 自然派

原料米 合鴨米山田錦100%
栽培期間中農薬無使用
精米歩合 60%
アルコール度数 15.3%
日本酒度 +7
適温 冷酒~ぬる燗

 


合鴨米で醸した自然派純米

合鴨が育てた『山田錦』を使い麹歩合3割で醸造。穏やかな口当たりと瑞々しい酸味。 体にやさしい『自然派』の辛口純米。周辺の田と水を共用するため、『有機栽培』を名乗ることはできませんが、田に放った合鴨たちが、害虫や雑草を食べ排除し、フンを天然肥料するため、人にも環境にも優しい“栽培期間中農薬無使用”の合鴨米を原料としております。

テイスティングノート

【タイプ】コクがあり、軽快でなめらかなお酒
【外観】透明だが、薄い黄色の色合いが入る。
【 香り】シンプルな香り、強さは中程度でふくよかな香り主体。突きたての餅・炊き立てのご飯・マシュマロ・生クリーム・鉱物的なミネラル。かすかに若竹・ユーカリ・セルフィーユ。
【味わい】柔らか穏やかなテクスチャー(口当たり)。なめらかな甘味、瑞々(みずみず)しい酸味が口中に広がり柔らかな苦味が余韻に残る。ドライなお酒だが、あまりにもバランスが取れてなめらかなので、ややすると少し甘味のあるお酒と誤解されるそう。旨味・ボリューム・力強さという表現より、「米の魅力を伝えるふくらみのある味わい」とまとめたい。
【 美味しい飲み方】
甘味・酸味・苦味の三要素がまとまる『12℃~15℃』、ぐい吞みでも美味しいが香りを楽しむならワイングラス。ぬる燗でも美味しいが、ぬる燗で楽しめるお酒は他にもあるのであえて上記の温度帯で。鯛や鮃のように、旨味がある白身魚の刺身を、レモンをしぼらずに醤油で。アサリではなくより旨味が強い蛤の酒蒸し。温(ぬる)めの温度でも楽しめるので、蛤の吸い物・海老真薯(えびしんじょ)のように淡泊に見えて旨味がある椀物、この場合出汁をソースと考える。冬の鱈白子・フグのカラアゲのように、寒(かん)を迎えて美味くなる材料と一緒に冬に楽しみたい。ハンバーグなどの中程度の脂を持つ洋食料理。典型的な食中酒、料理と合わせて生きるお酒


希望小売税込価格
●内容量:1.8L  2,970円[税抜:2,700円]

●内容量:720ml 1,485円[税抜:1,350円]

●内容量:300ml  660円[税抜: 600円]

2015年10月01日|酒:純米酒