長英もイネも歩いた中町

卯之町 おさんぽ 絵図(先哲記念館作成)

出典:せいよじかん


元見屋が位置する卯之町の中町(なかのちょう)は、シーボルトの弟子二宮敬作を頼って、幕府に追われた高野長英が身を隠し、宮内省御用掛となった産科医楠本イネが医学の基礎を学んだと町と言われています。また白壁、うだつ、持送り、格子など、江戸時代中期から昭和初期の伝統的な建築様式が多く残り、2009年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。町並みを歩けば古き良き文化の香りと商業に賑わいを感じることができます。

 



①ナガオカ

ワンプッシュするだけで、注ぐことができる『ゆびしょうゆさし』、『ゆび徳利』を企画販売しています。

 


②卯之町バールOTO

築100年以上の古民家を改築し生まれ変わったバール。名物は多種多様な地ビール・カレー・ピザ、もちろん開明も飲めます。

 


③宇和ヤマミ醤油
明治から続く蔵で、宇和盆地産のお米や古代米を使用し、醤油・味噌・甘酒を醸造販売しています。

 


④山田屋まんじゅう本店

本社は松山市へ移転しましたが、創業の地である卯之町の店舗は、本店として営業を継続しています。


2020年08月20日|蔵元通信:元見屋